現代だからこそ愛用するべき機械式時計について

長い期間活用できる機械式時計の見直し

以前までは、腕時計となりますと選ばれた人だけが持つことができるステータスシンボルでありました。しかしながら、大量生産に伴って廉価販売ができることになり、さらに携帯やスマートホンによって時刻を確かめられるようになったことから、腕時計を着けない方も増加傾向にあります。その一方で、一般社会のデジタル化が進展中だからこそ、ひとつ前のものの存在価値を見直そうというトレンドがもてはやされており腕時計も当然古い機械式時計が評価されています。

クオーツ式及び機械式時計について

時計はひとつ残らず機械によって動きますが、狭義ではクオーツ式及び機械式に分類されます。クオーツ式については電池によって動きを見せますが、大量生産ができ製造費用についても相対的に安価なことから、現時点で発売される時計の大部分はクオーツ式であると言えます。機械式につきましてはクオーツ式の出現以前にメインであった形で、ゼンマイを巻くことを通して動きます。機械の息遣いが見受けられるアンティークといった様な原理が高い評価を得るとともに、電池が不要だから、エコロジーのという視点でも評価されています。

機械式時計の手入れのポイント

人気が大きくなっている機械式時計についてですが、とりわけ腕時計のケースでは、クオーツ式よりも徹底的に手入れすることになります。まず第一に、電池を使わないでに動きを見せますから、3日に対して一回は自分自身でゼンマイを巻く必要があります。それに加えて、3年に対して一回おきくらいのペースで専門会社に持参していき、オイルを注いだり、歯車といったパーツを切り替えたりしなければなりません。しかしながら、手入れをすることにより何十年も利用し続けられます。

オーデマピゲとはスイスの高級時計・宝飾品のメーカーです。創業以来製造したすべての時計の修理を保証しています。