東京のお土産は渡す人を考えて買っておくことです

会社の同僚を考えて買う場合

旅行や出張などで東京に行くとお土産の心配をしなければなりません。お土産は買えば荷物になるため、出来る限り、帰る間際に手にしたいものです。飛行機でも新幹線でも、今は便利で駅舎や飛行場にお土産の種類がたんさん揃って販売しています。会社の同僚ともなれば高価なものよりも、ひとりでも多くの人に渡るようなものが喜ばれます。また、後々残る物よりも食べてなくなる物が良いでしょう。誰でもが知っているものが無難です。

住まいの近隣に渡す場合

東京見物や子どものところに行くとなれば、住まいを数日空けることになります。そうなると隣近所に話しておかなければ、回覧板などに支障をきたしてしまいます。「留守をよろしく」とお願いをしておくと、戻ってきた時に「帰ってきました」と手ぶらで伺うわけにもいきません。形だけでも何かお土産が必要になります。お土産を売っているのは観光地ですが、得意げに観光地のお土産よりも、誰でもが東京土産とわかるようなものを購入するのが無難です。

親しい人たちに渡す場合

会社でも上司であったり、近隣でも親しい人に買うお土産となれば少し考えなければなりません。東京に出かける内容も話しておればエリアも絞られてきます。東京での活動に関連した所のお土産の方が、戻ってきたときに話の話題として良いでしょう。特にそのエリアが渡す人にも縁があれば、なお更となります。安いものでは失礼になりますし、だからと言って高額なものは相手に気を使わせてしまいます。好きなお菓子やお年寄りであれば食事の時の逸品なども良いものです。

カンパネラとは、イタリア語で「小さな鐘」を意味します。釣鐘状の花が群がって咲く様子から、カンパニュラという花が存在します。